2013/06/17

HGUC ローゼン・ズール制作 2 改造

スジ彫り直しや、逆テーパーの部分をスジ彫りして行きます。
ローズビット
左がスジ彫りしたパーツ。

ローゼンタンク合わせ目
合わせ目消しは、ヒートペンを使って行います。
パーツの肉厚の半分くらいまで、溶け込まして溶接していきます。

ローゼンタンク合わせ目1
表面をなじませて行きます。
接着剤を軽く塗ってからやると、プラがより柔らかくなって、
やりやすくなります。
ローゼンタンク合わせ目2
ランナーを使いヒケを埋めて行きます。
分かり易くするため、色違いのランナーを使用しています。
この後も軽く接着剤を塗ると、肉盛の端などの剥がれ防止になります。

ローゼンズール合わせ目3
ヤスリ掛けしていきます。
メリットは、接着剤の様に乾き待ちが無くなり、
直ぐに表面処理が行えることです。

ローゼン肩

FC2ガンプラランキング

スポンサーサイト

新作映画にも登場のライトセーバーレプリカ

ウォーキング・デッドを見るなら<U-NEXT>

フィギュア・プラモデル買い取りは即日査定、即日振込み【アルカディア】

コメント

非公開コメント